バンコク@タイ王国 2015.10 5日目

5 日目.

早起き.
大方の準備を順調に終え,思惑通りの時刻で移動開始.

MRT の窓口でプリペイドカードを返す手続きを済ませ.

朝ごはん@ジョークプリンス

タイに来たら是非体験してみたいと思っていた料理のひとつ "ジョーク Joke" を目指し,『ジョーク プリンス Joke Prince / ร้านโจ๊กปริ้นซ์บางรัก』というお店へ向かいます.

休み.

...だと思います.シャッター閉まってるし.

基本,年中無休なお店のようなのですが,
実はこの裏に「朝早くからやる店なので最終日の朝なんか良いんじゃない?」と敢えて寄せておいたストーリーもあったりで,このあまりの引きの強さに恐れおののく(笑

そう余裕もないから宿へ戻ることに.
と言うのも,宿の前の通りは出店や屋台などが結構あって気にはなっていたので,怪我の功名とはまさにこの事,とギアを上げ.

朝ごはん@ラチャダーピセーク 13 通り

宿の前の通りは,ラチャダーピセーク 13 Ratchadaphisek 13 Alley と言う通り.

ここには結構食事ができるようなお店や屋台が出てまして,ここで探します.

結構楽しかったですよ.

ひとつは,朝通る度に気になると言っていた,朝だけしか出てないお父さんのお店.鶏を揚げてます.これは確定.

あとはもうひとつ.

自分は,自身,初日から前通る度に気になっていた,カオマンガイとか出しているようなお店があったのでそれを期待していたのですが,そちらは空いてませんでした.残念.

そこで逆サイドに,既に幾人のお客さんが出入りしてるような店があったので,こちらをチェック.ひとつの屋根の中に 2 つの別々の店が互いに向かい合う,という不思議な構成.客の取り合いとかならないのかな,と心配になる感じ.ひと通り見渡して,積極的に声を掛けてくれた方のお店で,「Spicy!」と言っていたアイテムを購入.魚と豚,鶏があると言うので鶏を購入.
ガパオっぽいのも美味しそうだったけど,それはガマン.今思えばそいつも行っておけばよかったかも.

大きなお札を崩すのを口実に(笑,コンビニへ寄りビールを買おうとしたのですが,買えませんでした.アルコール類を売ってはダメな時間帯だと.そう言えばそうでした.

お互いひと通り買い物終えて部屋へ.

朝から揚げ物と結構エクストリーム.

鶏は確か 15 BT だったような.チリソース付き.
部位には今回の手羽と手羽元とか幾つかバリエーションがありました.値段違うのかな? 揚げ立てを貰おうと思ったら,決定権はお父さんにあり揚げ立ては貰えませんでした.

スープは酢っぱ辛い.トムヤムクンだったのかな? 言うほど辛くはありませんでした.

ダメな日

チェックアウトを済ませ,先程ご飯を買ったお店でお借りしたフォークとスプーンを返して空港へ.

最寄りの MRT の駅に行くと何か変な雰囲気.

良く見ると改札前から蛇行する列を作る人々で溢れ返っている.

どうも MRT,止まっちゃっているらしい.

し ん じ ら れ な い.

つい数十分前これ使ってここに来たのですよ.もう訳わからない.

それでも一応 "待ってみる" という選択は捨てきれなくて,その列を改めて辿ってみると,何と端が見えない.これにはさすがに引いた.

もう,どうしてかも,どうなっているのかも,どうなるのかも,一切分からない.ただ MRT は動いていない(ようだ),と言うことは "分かった" と言うより,むしろ現実として受け止めなければならないんだな,と.この時,意思決定に必要なリソースが全く見えない状態と言うのはこんな怖いもんなんだ,と思いましたよ.

多少の迷いはあったものの,タクシーで決断.

一旦外に出るも,空港への順方向は逆側だという事で,逆サイドへ渡るために再び駅を潜ると,何と何と! 列動いてるっぽい.

これ見てさっき固めた決心揺れるも,この列がさばかれるまでの時間とか考えると,と歩みを止めず反対側へ人を掻き分け突き進みます.

朝なのでタクシーはバンバン走っては来るのですが,どれも実車.

せっかく早起きしたのに,こんな形で飛行機に間に合わなかったりなんて...*1

神様はいた

どれくらいそうしていたでしょう.

やっとこさ車を停める事ができて,空港までも OK 言うことで一安心.

で,この運転手さんが神だった,と言う!!

渋滞を回避するためトリッキーなリルートかますし,高速を使ったのですが,もうこの走りがかっけーの何のって.ハリウッド映画かっ,て感じ.

231 BT.
時間的にも,完璧に取り戻してくれました.素晴らしい.

で清算,と 1000 BT 札差し出したら,ここで "またかよ" の急転直下.

お釣りない,って(笑

お互い,まとまった金額は 1000 BT 札でしか持っていない,というクリーンヒット.

やっぱ今日はホントにダメな日なのかも,とこの辺りから感じ始める.*2

運転手さん,タクシーの会社の垣根を越えて周りの運転手さんに 1000 BT 崩せないか,聞いて回ってくれたけど,これが素晴らしくキレーに,誰一人いないと言う話.

ここでタクシーの運転手さん,ジェスチャーで「どっちか空港行って崩してこい」ってことで,英語流暢じゃない方のウチが率先して(笑)人質を買って出る.*3

この度の運転手さんには助けられました.感謝しかありません.*4 事前にどこを見ても,タクシーはとにかく気をつけろ,的な話ばかりだったので,実のところかなり抵抗あったのですが,ここに来て初めて「なんだ,タクシーだっていいじゃん」と思いましたよ.運転手さんのキャラクターに依る所が大きいのでしょうが.

にしても,タクシーでは,1000 BT は使えないって,「今時そんなことあるわけが」的な話半分に読んでいたのですが,未だ本当にあるんですね.

ちなみに高速代は 25 BT.これは降車時での清算ではなく,高速乗る時,乗車中に運転手さんへ直接払います.

やっぱ今日はダメな日,ってことで

搭乗手続き済ませ,ほぼ想定通りのスケジュールでここまで来ました.

やっとひと安心.

とお互いに,15 分前集合で買い物タイム.

ここで "今日はダメな日" から "やっぱり本当にダメな日" になる.

その 1 つめの階段が WiFi デバイスの紛失.
調べ物をしようとしたら iPhone のネットワークが切れているのに気付いて,再起動でもしようと,鞄の中に入れていたルータを探す.

も,いつも入れているポケットにいない!

myTracks で取っていたログを見ると,空港まで撮れているので,とりあえずホテに忘れている,という選は薄いと思っても,もしかしてタクシーはあり得る.WiFi デバイスの返却忘れは凄く気にしていたので*5キャリーケースの中にしまってしまった,と言うのならいいのですが,キャリーケースは預けてしまっている.

幸い,と言うのも変ですが,今回は保険には入っておいたので,全額弁償と言う事はないだけでも良しとするか,と腹をくくる.

「空港の Free Wifi があるはず」と,空港のサービスカウンターで聞いてみると,接続方法を説明したパンフを貰う.
早速,書いてある通りの手続きで,パスワードを取得.

そのパスワードをもってエントリーするも,接続失敗返ってきて繋がらない.何度やっても.繋がらない.
今日だもの,そんな事だろうさ,と半ば自嘲的な気持ちで,自ら階段を一段降りる.さっくり諦める.

と気を紛らわして行動を再開.
あぁあーとは思いながも,余ったバーツを消費しようとお店を周ることに.

適当に目星をつけて買うものを決めたので,所持金を確認しようと鞄のいつものポケットを探ったら,のここで 2 つ目の階段.

パスポートがない?!

あれが "血の気が引く",って言うものなのでしょうね.

し ん じ ら れ な い.

つか,有り得ないし,それだけはやってはいけないことでしょ,と心の中で叫びつつ.

冷静になろう冷静になろう,とりあえずこれまでに経由した場所を辿るにも,しっちゃかめっちゃかなのは自分でも分かります.すれ違う人,目に入る,みんな疑っているし何かお願いしているしで(笑,あの時の自分,すんごい顔してかなり挙動不審だったろうなと.

結局,どうしてそんな所に入れたのか,バッグのメインスペースのがっちり奥にありまして.ほんっと生きた心地がしませんでした.

これをもって先程の WiFi の件に対し,心が寛容になる.使い方間違ってる(笑.

こうやって迎えることができたとてつもない安堵感にまかせて,こじつけでしかないお祝いモードで,こちら見て気になっていた "プーニム・トーッ・クロップ / ปูนิ่มทอดกรอบ" って料理を食べて行こうと,それと思しきお店に入りました.

すんなり席に通してもらって,オーダーをとっていただこうとアピール....をするものの,店員さん達仲良くお話で,誰も気づいてくれない.あ,目が合うかな,あれ...を 4,5 回は繰り返しましたかね.

何もせずに黙って店を出てきました(笑

もうここで,完全に心は折れました.「もう今日は何をやっても裏目にでる感じだから,ソッとしているのが良い」と.

残ったバーツは全て日本円に換金し,チャーンビール 2 本だけを買い込んで,待ち合わせの時間までにはまだ十分の時間がありますが,待ち合わせ場所の搭乗口前に座り,ただビールを飲んでジッと.

そしたら待ち合わせ時間が過ぎても,さらには搭乗時間間際でも相手が来ないって.「もっと分かりやすい場所にいてやった方が良かったかなぁ...」,心配になる.

"そんな日" だったんです.

さようなら,タイランド

また来ますね,の機内食

もひとつの方は,こんな感じ.

そんなこんなでも,色々と楽しく,美味しいタイ旅行でした.

ありがとうございます,タイランド

日本に帰って来てからは,晩ご飯に寿司を食べて帰りました.本当にそういう気持ちになるものなのですね.

はい,おしまぃっ

あ,さすがにこの日はテキスト多かったですね...

*1:そう言えば,こんな中での乗車拒否,あれは辛かった(笑.
やっと空車だ,と感謝の気持ち一杯でアピールしていたら,キレーにやり過ごされて,更にそこで停まったのが2人組のギャルの前だと言う.こんな時に,しかもこんな構図.旅行者が嫌だったのか,男の性ってやつか.たぶん後者だと思うけど(呆

これを見て「止められる気がしない」ってまで言うし(笑.

*2:今朝,コンビニでビール買えてれば,こんなことは無かったのに,と思ってました(笑

*3:この間,両替してタクシーのプールに戻ってくる時,人が通れないところから強行突破をはかってしまったと言う武勇伝があったらしい(笑

*4:運転は勿論のこと,清算の件でも感情的になることなく親切に対応してくれましたし.世界中の人たちにこの方を,とてもクールな人だった,紹介したい(笑.タクシーだったら,この人の車に乗りましょう,と.皆が脅かすようなボッタくりとか危険な事などは全くの無縁.車内も綺麗でした.

*5:実は,一度やらかしたことがあり...